家主日記

打田翠さん、事務所来訪☆

2019.03.20news, お取扱い作家

春が近づく今日この頃、陶芸家の打田翠さんが納品のため、オンアパートメントの事務所に来訪してくださいました。

▲小柄で美しい翠さん、内側から溢れ出る力強さとそれでいて穏やかにお話になる姿など、うつわの美しさと似ているようで。今回は納品のほかに、作品の施釉法なんかも改めて説明してくださったりいろんなお話をさせていただきました。

 

▲ずっとわくわく待たせていただいていた作品!テーブルに並ぶ作品の佇まいに家主は大喜びです。今回は、楽焼きという焼成法で短時間で焼き上げる魅惑のうつわ「RAKU」シリーズの花入れと丸皿(大)、丸皿(小)の納品でした。土に混ぜた銅が表面に紅く現れる景色。今回持ってきて下さった花入れは、前回完売した作品よりも広範囲の紅い景色が見られました。表面に施釉しているという釉薬が時々白い道を作り、それもまた景色を単調にとどめずとても面白くて美しく。

 

▲普段は岐阜県に工房を構えておられる翠さんですが、ご実家が兵庫県ということで、今回帰省中にお立ち寄りいただいたんです。また会えましたことに感謝です。翠さん本当にありがとうございました。おだやかな風が事務所に吹いておりました。