journal

category


archives


301号室:染めもの作家「Kaon」さんのご紹介

On apartments. 301号室にお住まいいただいたKaonさんが

当店の事務所に来訪してれました。

 

そこで糸を紡ぐこと、染めることなどについて、たくさんおうかがいしました。

%e3%81%aa%e3%81%8a%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e5%8f%96%e6%9d%90%e9%a2%a8%e6%99%af008

あたたかな風が吹いてる。

と、

Kaonさんの展示に行くとなぜだかいつもそれを感じるのです。

そこで彼女は私に言います。

「きっと、あたたかな風の音は、水を巡り、大地をめぐる粒子の音だと思います。」と。

 

%e3%81%aa%e3%81%8a%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e7%b6%bf%e3%82%92%e9%a1%94%e3%81%ab040

すべての工程をていねいに、

そして綿にそっと心をかたむけながら作るKaonさん。

 

%e8%97%8d%e3%81%ae%e8%8a%b1

研究ノートは、まるで図鑑のようで。

こちらは、Kaonさんが大切に育てたという藍の花。

 

%e7%a0%94%e7%a9%b6%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%92

こちらは、玉ねぎの皮。やさしい色に染まりますね。

 

%e7%a0%94%e7%a9%b6%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

こちらは矢車附子(やしゃぶし)。

実際は、染めるのはこちらの葉っぱではなく、

松ぼっくりのような小さな実を煮出して色を出すそうです。

 

 

%e7%b3%b8

彼女が生み出す糸たちをご紹介します。

右から白綿、茶綿、藍、こぶな草、よもぎ、梅の木。

今回、初めて染めたという藍も仲間入り。

先人や大地から力を借りて、いちから紡ぐ彼女の想いはいつも糸に住まうのです。


about Kaon

”綿を紡ぎ、大地の色をいただき布を織っています。

大地を水を巡る粒子が、日々のひとかけらのひかりとなって、

そしてまた巡っていきますように・・・

すべての粒子と巡りゆく命に感謝のきもちをこめて・・・ ”

当サイトお取扱い作品はこちら→Kaonさん
photo by On apartments.